豊橋・豊川・田原・蒲郡・新城・岡崎・葬儀・葬式・家族葬

家族葬専門葬儀社あおい葬祭
海洋散骨とは、故人様やご遺族のご希望に基づいて、お骨(お遺灰)を生命の源である大海へ還す自然葬の一つの方法です。「やすらぎを感じる広大な海へ還りたい」「諸事情によりご先祖様のお墓に入る事ができない」などの理由やすべてのお骨(お遺灰)ではなく、お墓もしくは永代供養に納骨しつつ、一部を海洋散骨で供養をされる方が増えてきました。
お問い合わせ・資料請求
一隻の船をチャーターしてご親族の皆様に散骨を行っていただく形式です。粉骨費用を含めた安心価格でご提示しています。
浜名湖・三河湾等、その他のエリアからの出航をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
ご遺族の代わりに故人様のご遺骨をお預かりして、担当スタッフにより散骨を行います。散骨代行は、月1回以上を予定しております。
散骨をはじめ、最近では手元供養品などのミニ骨壷やペンダントに納めるために粉骨のみをご希望される方が増えてきました。当社では遺骨の粉骨のみの申し込みも可能です。お気軽にお問合わせください。

散骨の基本的なルールとして人骨と判らない大きさに粉末化(2〜3mm程度)にしなければなりません。

すべての遺骨を散骨してしまうと、後々の供養の対象が無くなってしまうので、お墓や永代供養で一部を納骨したり、ミニ骨壷やペンダントなどの手元供養品に一部を納め供養をされる事をおすすめします。

散骨に対しての認識が少ないため、後々に問題になるケースがございますので、予め親族間できちんと話し合っておく事をおすすめします。
●石原裕次郎(俳優)●横山やすし(コメディアン)●勝新太郎(俳優)
●hide(ミュージシャン)など
●ジョンFケネディJr.(政治家)●マハトマ・ガンジー(宗教家)
●アインシュタイン(物理学者)など
法律「墓地、埋葬等に関する法律」と「遺骨破棄罪」刑法190条の2つにおいて1991年に法務省が「自然葬に関し、節度をもって葬送のひとつとして行われる限り違法ではない」と公式会見を提示しました。