豊橋・豊川・田原・蒲郡・新城・岡崎・葬儀・葬式・家族葬

家族葬専門葬儀社あおい葬祭
もしもに備えて
事故による死の場合、警察とのやり取りはもちろん、司法解剖なども必要になることが大半です。皆さんが向き合わなければならなくなった時に知っておいていただきたいことについて、アドバイスとポイントをまとめました。
もしもに備えて
・警察から連絡があり警察署に行くと、身体の特徴や所持品などについての質問があります。
・遺体安置室で遺体の確認をします。
(遺体の損傷がひどい場合が少なくありません。)
・警察署での遺体確認は、混乱しているご遺族にとっては大変に辛いもので精神的負担は大きいものです。
・解剖の場合には長い時間を要する事がありますので、終了の目安の時間を警察に聞きます。
もしもに備えて
・解剖室で準備した新しい服に着せ替えます。
・葬儀社の車で運びます。(あらかじめ搬送先に連絡を取っておきます。)
もしもに備えて
・遺体の状況によっては解剖室で納棺した方がいい場合があります。
・遺体の状況によっては親族や友人が対面できない事があります。
もしもに備えて
・警察の事情聴取の後、突然の死を悲しんでいる間もなく、親戚などに死亡の連絡をします。
・親戚や知人が駆けつる次々に度に警察で知り得た事故の情報を説明しなければなりません。
・遺体が司法解剖から戻っていないと集った人達の混乱は怒りに変わることも考えられます。     
・このため、あらかじめ事故の状況を客観的にメモをして答えるようにします。
・冷静でいられるはずがありませんので、できるかぎり色々な手立てを考えておく事が必要です。
もしもに備えて
・混乱しているご遺族に代わり当社で行うことが可能です。

もしもに備えて

・突然の死にあまりに通常と違う事をすることはかえって混乱を招きます。
・普通の一般的な宗教に基づいた葬儀を行う事をおすすめします。
・当社ではご遺族や友人知人が取り乱している中、秩序をもって式進行を行います。
・通夜後の法話を必ずしていただくように僧侶にお願いします。

もしもに備えて
・必ず保険会社から連絡が入ります。
・わからない事は各窓口にご相談いただくといいでしょう。

>>>都道府県及び市の交通事故相談所
>>>一般社団法人日本損害保険協会
>>>公益財団法人日弁連交通事故相談センター


※ご葬儀を終えられた方でも、ご不明な点やご質問などがございましたら、当社にご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ・資料請求